• トップ

自動車を購入する際のローン

自動車を購入するポイント

年収に見合う自動車の価格とは

自動車は価格の高いもので人生の中においては、そう何度も買えるものではありません。またローンを組んで購入することも多く、自動車の性能や見た目などのほか年収に見合った価格のものを購入することが大切です。一般的に言われる年収に見合う自動車の価格としては年収の半分までが上限とされます。これは年収が300万円であれば150万円以内といったもので、これを超えてくると家計に与える影響が大きくなり、維持することが困難になる場合があります。特にローンを組んでいる場合には返済の負担が増えます。もちろん長期間の返済とすれば毎月のローン返済の負担は減りますが、自動車は永遠に使用できるものではなく、おおむね新車から見て7、8年が買い替えの目安でありその範囲内でローンを組む必要があります。このため仮に最長8年とした場合では金利を含めて毎月2万円程度のローン返済となりますが、現実として購入価格以外にも維持費が必要で、燃料費、エンジンオイルやタイヤなどの消耗品交換、また保険料の支払い、車検費用が必要になります。いずれにしても自動車を購入する場合には他のローンも含めて年収に見合った価格のものを選ぶことが負担を感じることなく乗ることができます。

自動車の必須情報

新着情報

↑PAGE TOP